natural self care〜体にいいこと、取り入れよう〜
ノドの痛みを和らげるセルフケア
[2013/02/27]
まだまだ寒い時期が続きますね。
インフルエンザが流行する時期でもありますが、空気が乾燥するこの時期はノドが痛くなる方が多いかと思われます。
ノドの痛みを感じたら早めに予防しましょう。

■ノドの痛みを和らげるセルフケア

中指の手のひら側、第一関節部分にはノドにあたる場所があります。
痛みがある場所がノドの場所なので探してみましょう。左右の手どちらかに痛みを感じるはずです。そこを上からイタ気持ちいいぐらいの強さで押して刺激します。
中指への刺激はノドのイガイガを和らげる効果もあります。

手のひらの腹にある、ノドに当たる場所を探します。
手のひらの腹にある、ノドに当たる場所を探します。


第一関節あたりを上から押して1分くらい刺激します。指や爪、棒状の物でも可。
第一関節あたりを上から押して1分くらい刺激します。指や爪、棒状の物でも可。



ノドに痛みがある時は、スカーフやストールを巻くなどして首もとを温かくしましょう。回復の早さが違ってきますよ。





参照元:『手から体を癒す』【著者:森田真理】 
¥1,365
発行:ブルーロータスパブリッシング
発売:インプレスコミュニケーションズ
ふきでものを防ぐセルフケア
[2013/02/13]
もうすぐバレンタインですね。いろいろなチョコレートがあふれるこの時期、食べすぎなどでふきでものに困ったことはありませんか?

■ふきでものを防ぐセルフケア

思春期のものと違い、大人のふきでものはやっかいです。ふきでものは胃腸の冷えが原因であることが多いので、手のひらの胃と腸のツボを刺激してみましょう。
ツボを刺激することによって胃と腸の働きを良くし、冷えを解消してふきでものを改善させる効果があります。



ツボの位置



胃のツボを刺激します。イタ気持ちいいくらいな強さがめやす。



腸のツボを刺激1分以上がめやす。


ふきでものを防ぐには寝具の汚れにも注意し、肌を清潔に保ちましょう。
寒い冬はついつい菓子類など食べすぎてしまいがちですが、控えめにして、またチョコレートやナッツの食べすぎに注意しましょう。





参照元:『手から体を癒す』【著者:森田真理】 
¥1,365
発行:ブルーロータスパブリッシング
発売:インプレスコミュニケーションズ