Yoshikawa Mae from India 吉川めいのほぼ月イチ インド発見記
[02月]インド式ファッションは、ハイブリッド
初めてインドを訪れた時、みんなの普段着が伝統衣装であることに驚きました。インドの伝統衣装と言えば、真っ先に連想する女性の「サリー」。それ以外にも「サルワール」や「プンジャビドレス」、男性は「クルタ」などがありますが、とにかくみんな一般的にこのような服を普段着として身にまとうのです。

世界中で「洋服」が一般的になりつつある中、インドの伝統衣装率の高さは目新しく感じたものです。特に女性は色鮮やかなインド衣装が大好き。日本だったら現代女性がみんな和服を好んで着るなんて、ライフスタイル的にも想像しがたいことです。

当然インドでもTシャツにビーサンなど、便利な服装を活用する人は結構いますが、基本がインド服であっても足元にはスニーカーやビーサンなどをうまく組み合わせています。

例えば、この写真はマイソールの裁判所の前で撮ったもの。写っている女性達は弁護士さんです。普段着であるサリーやサルワールの上に、このように黒のブレザーを着るのが弁護士さんのお決まりの制服だそうです。彼女達はパンツルックのサルワールを選んでいるようですね。しかし、首に巻いている白いネクタイ風のものは何だろう・・・?後から写真を良く見るまで気がつきませんでした。