Yoshikawa Mae from India 吉川めいのほぼ月イチ インド発見記
[12月]おもしろインド発見記ぁ 屬△詁のできごと」
インド・マイソール市に滞在中のある日のできごと。
私は、友人のテーラーに洋服でも作ってもらおうと思い、行きつけの生地屋さんに出かけました。

鮮やかな青と、黒の生地を探していて、いろいろ出してもらって手で触れてみて、自分が欲しいものを決めました。

生地を決めると、担当の男性は「何メートルにしますか?」と聞きました。
「そうね、こっちは2.5メートル」
「こっちは2メートルでいいです」

すると彼はすごいスピードで生地の端を指先でつまんでは、シュルシュルっと慣れた手つきで生地をピーンと伸ばし、タンゴダンサーのように切れ味良く首を背くと、その生地を鼻のてっぺんまでもっていきました。




あまりにも愉快な様子に、私は思わず吹き出して笑ってしまいました。

すると、彼は「いや、これは本当にいいテクなんだ!指先から反対を向いた鼻先までで誰がやってもちょうど1メートルなんだ!」とちょっとやけになって防御しました。「ほら、君もやってごらんよ」

「うん、わかった。信じるから、私は別にやらなくてもいいってば」私は笑いをこらえながら答えました。だって、指先から鼻先までが1メートルということは知らなかったからおもしろかったけど、本当におもしろかったのはそれをあたかもパフォーマンスのように得意げに見せつける彼のそぶりだったのだもの。

すると彼は手に持ったままの生地をテーブルのメジャーに合わせ、




ほ〜〜らね、の視線。




何度も通っている行きつけのお店で、最初っからそこにあるメジャーを使わないのは彼がはじめてだったけど、インドでのお出かけは、何があるかわからないからほんと楽しいです :)

みんなは、指先から反対を向いた鼻=1メートル、知ってましたか?