From Editors
カテゴリー
最新記事
月別アーカイブ
ヴィクトリア・キーンの魅力
[2009/09/30]
9/20〜22、パシフィコ横浜で行われたヨガフェスタ。
ハイレベルなヨガクラスが受けられることはもちろん、
たくさんのヨガウエアを手に取ってショッピングできるというのも
このヨガフェスタの素敵なところ。
その中でも今回は
「ヴィクトリア・キーン」のウエアに注目してブログをお届けします。
今回、「ヨギー・サンクチュアリ」のデザイナーとともに
美しいコラボアイテムを作った「ヴィクトリア・キーン」。
彼女とお話をすることができました。


シルクスクリーンで仕上げる「ヴィクトリア・キーン」のアイテムは
エネルギッシュかつ繊細。女性らしい美しさもたっぷり詰め込まれています。
ニューヨークの彼女のショップでは
ヴィヴィッドカラーを使い、大胆でワイルドなイメージのデザインのものをリリース。
でも、日本で販売するシリーズでは
穏やかな風合いのパープルやブルーを使って
細やかなデザインのコラボアイテムを作ることにしたのだとか。
そこには、彼女のイメージする日本観が垣間見えるようで興味深いですよね。

ニューヨークでは
普段使いもできるヨガウエアが支持されているそう。
仕事帰りにスタジオへ行きヨガをした後、そのままディナーに行く。
そんな時、わざわざ着替えることなく全てに対応してくれるようなウエア。
それが、忙しいニューヨーカーに求められているのだそうです。
まさしく、今回のコラボアイテムにもあるような
フェミニンな印象のトップスやドレープが美しいパンツ。
これなら、ヨガスタジオはもちろん
オフィスでもレストランでも、しっかりいい仕事してくれそうです!


デザイナーでもありヨギーニでもある彼女が、ヨガについて考えていること。
それは、「自分であることの大切さ」。
「ヨガは私に本当にたくさんのものを与え
 そして、たどるべき道を明らかにしてくれました。
 ヨガのプラクティスをすると
 『道はいつもそこにあるものなんだ』ということに気づけるんです。
 はじめはポーズを上達させることしか頭になかった。
 でも続けていくうち
 ポーズが得意かどうかが重要なのではなく
 いつも自分でいることが大切なんだという一番根源的なことに
 気づかせてくれたんです」。

いつでもありのままの自分でいること。
自由でしなやかな彼女のウエアを身につけると
そんな勇気とパワーが湧いてくるような気がします。

yoga fest2009レポート!
[2009/09/30]
9/20〜22、パシフィコ横浜で行われたヨガフェスタ。
世界中からビッグなヨガティーチャーが集結。
数々のスペシャルクラスが行われ
大勢のヨギー&ヨギーニが集う賑やかな祭典となりました!






私達「Yogini」もブースを出展。
Yogini vol.21とYogini plusを手に
普段は直接触れ合うことのできない読者の方々とお話できて
とってもうれしかったです☆
手作りのおにぎりやマフィン、クッキーもたくさん持っていきましたが
連日、お昼頃には完売してしまう人気ぶり! どうもありがとうございました!
会場で購入しそびれた方は
ハスハチキッチンへどうぞ。


ヨガフェスタの中で
例年よりもパワーアップしたものといえば
なんといっても、ステージでのパフォーマンス。
まずはファッションショー。


スタイリッシュなステージに、みんなクギづけです。
ヨガウエアってこんなにおしゃれで素敵だったんだって
改めて感じさせてくれます。



こちらは、フルートの生演奏とヨガの融合。
とっても美しいです。
チャリティーイベント「ヨガエイドチャレンジ」も中央ステージで開催。
12人の先生達がリードして108回ものサンサルテーション。


こんなにもたくさんの人たちが
チャリティーという同じ目的のもとヨガをしました。


ヨガを愛するたくさんの人達が集まったヨガフェスタ。
素敵な一体感が生まれたヨガフェスタ。
どうもありがとうございました。また、来年☆
茂木健一郎『女脳』からひもとく、女性とヨガの関係
[2009/09/24]
たびたびブログに登場する茂木健一郎氏の書籍。
今回は『女脳』を読みました。

女流棋士・矢内理絵子氏との対談です。
ここで書かれていたことで「へ〜」っと思ったこと。

女性のほうが自意識が高い。

今回、『Yogini』では女性の体について特集しましたが
脳やココロについてはあまり触れていません。
それは今後ね、というつもりです。

でも、それにさきがけて、そんな文章を見つけてしまったからビックリ。
そうなんですね。

それはつまり、女性のほうがプラクリティの厚みがあるってことですか!?
と私は読んでしまいました。

ということは、女性のほうがより深くより真剣にヨガと取り組まないと
サマディに至るまでに時間がかかるということでしょうか?

女性のほうが自意識が高いとは、どう思いますか?
一般的には、女性のほうが「自分」の見え方に対しての
意識が高いのは確かでしょう。
もちろん個人差が大きいところなので、あくまでも一般的、ですが。

で、だからこれを意識しなくする
自分に対して、ココロが作用しなくなるということは
なかなか大変なことでしょう。
何しろ、見え方だけの話ではなく感情的にも
嫉妬という文字が象徴するように、
女性は感動ーーつまり、ココロが動きやすい性です。

そうなると、この壁? を乗り越えて
サマディを体験した時というのは
もしかしたら男性以上に感動するのではないでしょうか?

ヨガと出会えてよかったと芯からあふれ出る感動
そして、今ここにいることに感謝する深い深い喜び。
女性らしい自意識がうまく働いた時
「とんでもないこと」が起こるのかもしれません。
トウドウ先生のマントラライブ&WSを開催
[2009/09/24]
10月17日(土)にロータスエイトでは、
各流派のクラスが一日でいろいろ受けられる
「ロータスフェスタ」を開催します。

第1回目の昨年は、すっごい盛り上がりで
来た人がみんな大満足でした。

今年は、さらにパワーアップして
開催は17日、18日の二日間。
しかもウエアの販売会や体内ロハスアカデミーとの
合流によるヨガ+αのいろいろなクラスも!

その中で、ヨガ塾からは、
トウドウ先生による、ミニライブ付きの
特別マントラワークショップを開催します。
気持ちの良い秋風を感じながら、
マントラを聞き、また一緒に詠いませんか。
今までマントラを聴いたことがない人でも、
一度体験してみると「音」が身体へ浸透してくるのを感じると思います。

☆ヴェーディックチャンティングとは
インドの古い言葉サンスクリット語で発音する
とても美しい聖なる音です。
そしてクリシュナマチャリア師によってヨガの練習の
ひとつとしても大切に伝えられてきました。
また、ヨガと同様一人一人に合った音を唱えることによって
その効果が発揮されます。
精神の安らぎや清明さ、集中力や記憶力を得ることができ、
さまざまな人に多大なヒーリング効果を与えています。
ヨガを行う人が、日々の練習にヴェーディックチャンティングを
組み込むことにより、その人本来の「心」の輝きを引き出すことにもつながり、
大切な学びの一つとなっています。


まだ未経験の方、ぜひぜひこのチャンスにチャレンジしてみて!
申し込みはこちらです!


ハンディキャップヨガ レポート part2
[2009/09/16]
みなさん、こんばんは〜☆
Yogini編集部のレイです。
朝晩は結構肌寒くなってきて、秋の訪れを感じますね。
ちょっと残念に思っている人、これからの季節を楽しみしている人
いろいろだと思います。ちなみに私は秋が大好き!!
今年はどこかに紅葉とか楽しみに行きたいと思ってます。

さて、お待ちかね!!
ハンディキャップヨガ トライアルクラスのレポート第二弾が
届きましたので、ぜひ目で見て読んで感じてみて下さいね。

********************


いよいよ近づいて来たヨガフェスタ、その中で行われる
ハンディキャップヨガ(以降Hcp-Yogaと省略)」の為のトライアルクラスの
レポートを前回させて頂きました。
先日全三回のHcp-Yogaの為のトライアルクラスが終了し、
改めて皆さんに感想を聞いてみました。


今回はインストラクターのユキエさん、そして発起人の峯岸先生の声を
ご紹介したいと思います。
   
先生がクラスの中で発する言葉にとても感銘を受けたという
インストラクターのユキエさん。「人それぞれ、その人のヨガがある。
それをただ一生懸命するだけ。頑張らなくていいの」
「今の自分が弱いなら、弱い自分を変えるヨガをすればいい」
そんな優しく強く、ぐっと背中を押してくれる言葉達は
アシストしている自分にも響く。

レッスンでは脳性麻痺の女性の担当となり、
最初は力の加減も解らず戸惑いながらのアシストだったが、
積極的で好奇心旺盛な彼女に逆に
教えてもらう事の方が多かったと振り返る。
今では不安定な彼女のアーサナをユキエさんは
ためらい無くがっちりと受け止め、彼女も
そんなユキエさんに安心してさらに手を、
足を後1ミリ遠くへ伸ばそうとただ努力する。

1人じゃ無理だったことも誰かが助けてくれればできる、
障害を持った人にはそんな可能性がある事を、
アシストする人は相手を知ろうとする事で
オンリーワンのヘルプができる。
二方向からの変化が今までできなかった事を可能にしていく。
ここではそんな確実な「変化」があちこちで産まれているのだ。



峯岸先生はこう考える。


「大切なのは信頼関係。お互いに心を開いて
恐怖心をなくす事が何より大切。
人によって障害は様々だし、ましてやそこに
パーソナリティーが関わってくる。どうアシストするか、
答えはその障害を持っている人の中にあるの」

従来のマスクラスではなく、Hcp-Yogaは
パーソントゥパーソンで行われる。
インストラクターのアシストも実に多様だ。
マニュアルは存在しない、ただ目の前の相手を
しっかり見つめて何が必要なのか考え、感じ、
ひたすらコミュニケーションをとる。
痛いのか、気持ちいいのか。聞かなきゃ解らない、
言ってしまえば必要なのはそれだけなのだ。


こんな質問もぶつけてみた。正直私はもっと簡単にできる
アーサナから入ると思っていた。ところが繰り広げられるのは
ヴィラバトラ、トリコナーサナ、サルヴァンガと
私たちにとっても身近なアーサナ達。
もちろんそこに到達するまでには峯岸先生お得意の
伏線がしっかり張られているのだが。
「まず最初に土台の安定と安全な位置確認は
しっかりします。そして、私達が普通に行うヨガを
たとえ形が違っても、呼吸がうまくできなくても、
同じようにリラックスして日々の不安や緊張から
少しでも自分を解放する手段としてヨガを知ってもらえれば」
でもハンディキャップを持った人が先生のアーサナを見て
逆に躊躇したり不安になったりしないのだろうか?
自分には無理だと諦めるきっかけにもなりうるのではないか?
「だから、パーソントゥパーソンなの、側で誰かが支えて
励ましてくれる、助けてくれる。そしたらやってみようと
思わない?それは誰だって同じでしょう。
自分には無理だと諦めていた事ができた人の笑顔を
見た時、あーやってて良かったって、心から思うの」


難しい事を考えればきりがない。多くの人がそれぞれ思いを持って
集まってくる事だろう。初めてハンディキャップヨガを体験する人、
その人達をサポートする人、 指導者のレッスンを受ける人、
そして峯岸先生を始めこの日の為に何度も話し合い、
トライアルクラスを重ねてきたスタッフ達。

三回のレッスンを通して見えてきたのは、
このクラスは皆で作り上げるクラスだと言う事。
峯岸先生の思いを発端に、様々な障害を持つ人が
ヨガと出会い、様々な人が出会いのアシストをする。
同じクラスは二度とない。きっと本番ではさらに多くの変化が
あちこちで産まれるのだろう、大きな笑い声と共に。
だってこのクラスの目的は、皆でヨガを楽しむ事なのだから。





photo & text Nozomi Fujimura

ハンディキャップヨガについてもっと知りたくなったら、コチラ
問い合わせ先:Hcp-Yoga / hcp-life@hcp-yoga.world.coocan.jp
HIKARU先生のワークショップ巡業!
[2009/09/16]


Yoginiでもおなじみ、あのHIKARU先生のワークショップが
各地で開催されるとの情報…!
10月以降、兵庫→北海道→東京→大阪→岡山…と
縦横無尽に各地を駆け巡る予定の先生。
このチャンスに、HIKARU先生と一緒にヨガを深めてみて☆







10/4(日)は姫路へ。
「イーグレひめじ アリーナB」で
ディスカッションとプラナヤマ、アサナを総合したクラス。

10/10(土)〜11(日)は北海道!
札幌の「スタジオ オンズ スタジオB」
旭川の「スタジオミント」にて。

10/24(土)は東京。
東長寺にて、「ヨガと坐禅シリーズ」を開講。
坐禅講師は東長寺僧侶 福村 泰史さん。

続いて、
11/7〜8(土・日)は大阪「Spirit Yoga」
11/28〜29(土・日)は岡山「SHANTI」、「倉敷物語館」など。
12月には福岡でのワークショップも予定している。


詳細は
http://www.hikaruworld.com/workshop.html/
をチェック!
アフリカサバンナの生と死
[2009/09/12]
サバンナの旅行に行ってきた知り合いがいます。
その写真を見せてもらいながら、いろいろ話を聞いていました。

「ある場所でね、ものすごくくさくてくさくて
 本当にどうしようか…というぐらいの場所があったの。
 それで、このにおいは何? と聞いたの。
 そうしたら、少し前にゾウの子供が死んだんだって。
 で、ある程度、他の動物が食べたんだけど
 食べきれなくて、そのままになって、それが腐っているの、と。
 
 私達がそれをくさく感じているのに
 現地の人達は普通にしている。
 においを感じていないのだって。
 当たり前に日常にあるにおいだから。

 そうか、自然の営みというのはこういうことだよねって思った。
 自然って、本当は平和なことはなくて
 すごく微妙な関係のままあって
 狙われて捕らわれた動物は、生きながらにして
 食べられていく。
 
 そして、生と死を繰り返して
 死んだら、他の動物の役に立って、あとは土に返る。

 そういうことを認識したら
 とたんににおいがなくなったの。
 
 においは、私が起こしていた拒否反応と
 思い込みが作ったものだったんだね」

都会にいると、田舎に行った時の畜舎のにおいまで
すごく違和感を感じる。
加齢臭にこだわるのだって同じかも知れない。
自然、というものが何なのか。
私達の暮らしは、隔離されているな〜と思った。
ゴスペルライブで教えられたこと
[2009/09/12]
魂がふるえるってこういうことですね。
何だか、涙があふれてしまって、こまりました。

そこで、とても感動的な歌詞を教えてもらいました。

これは9.11の時にチェーンメールで世界中に配信された曲だそうです。
もとは、オーストラリアで自分の子供をなくした家族が書いた歌詞。

でも、全ての人に、何もない日常と思っている
すべての人に伝えたいと、私も思いました。

        ※
「もしも最期だとわかっていたら」

  もしも最期だとわかっていたなら
  でかける君を呼び止めて
  抱き寄せるだろう

  もしも最期だとわかっていたなら
  忙しいと言い訳せずに
  君の夢 かなえただろう

  この手に残るぬくもり
  あなたとの思い出
  忘れぬように強く握り締めて

  ともに祈り ともに愛し
  神様からうけたそれぞれのときの中
  いまを後悔しないように
  愛を伝えよう

  もしも最期だとわかっていたなら
  とまどったやさしい言葉をかけてただろう
  もしも最期だとわかっていたなら
  出会ったすべてのひとに感謝しただろう

  ああ、争うほどの時はわれらにはもう、ないから
  笑顔の花束 送り続けていく


今を生きるってことですよね。
アレしておけば良かった、なんて言ってる場合じゃない。
人に対してイライラしている場合じゃない。
どれだけ愛と感謝を感じられるか。
時間は限られているんです。

そんなことを教えてもらいました。
ありがとう。
玉三郎とヨガ
[2009/09/04]
玉三郎丈は、現在59歳。
50歳から素潜りをはじめ、いきなり20m潜れたそうです。

なぜか? 
それは舞踊というのはとても激しいものだからだと思います。
にもかかわらず、顔はしれっとしていないといけない。
常に平然としていないといけないのです。

見るとわかりますが、体育会系の体力と筋力がないと
とても、美しく見せ、最後まで踊りきることはできません。

そんな中、玉三郎丈は当代随一、
稀代の女方と呼ばれています。

私はいつも軸と手足の動きのバランス
体の連動など、そんなところをも
ため息をつきながらみているのですが
その美しさたるや、パーフェクトです。

その玉三郎丈の、踊りのカギの一つが呼吸なのです。
もちろん気が通っているし、手足の先の先まで美しい。
そのベースにあるのが呼吸だと思うんです。
そして彼の場合は考え方、体の作り方も
ひっくるめてヨガなのです。

ご本人はヨガは初めてということですが
とにかく、生き方、考え方、体に対する意識などは
全部ひっくるめてヨガ。
そして、そのヨガと玉三郎丈が大切にしている踊りが
一緒だと言及しています。

そして、玉三郎丈にとっては
踊りと素潜りは同じだとも、よく話しています。

舞踊も素潜りもヨガも、
玉三郎丈にとっては同じなのでしょう。
それはテクニックであり、生き方。
そして、大事なのは「やわらかく自然であること」。

ああ、取材しなくっちゃ!
わかったら終わりだ、と禅僧は言いました
[2009/09/03]
禅僧対談、「【問い】の問答」、
しばらく前に読み終わりました。
玄侑宗久氏と南直哉氏の禅僧対談。
二人は宗派が違いますが、その垣根を超えて
さまざまな話をしています。

彼らは、ずっと考えているんですね。
一つのギモンに対して答えが出たら、
それに対してギモンが出てくる
その答えを出したら、そのギモンが出る…

その繰り返しをしているということですね。

そして、それが一番正しい姿なのだそうです。
だって、なぜ生まれてきたか…を
自分自身に問うてるわけです。

それには答えが出ないから。
わかったようになってはダメなんですって。

ああ、そうか!
と思った次の瞬間には、それに対して
ギモンが湧いている。

ずっとそんな生き方です。
だから終わりはないんです。

ひたすら考えていく。

ひたすら問うていく。

それが正しいあり方なようです。


自分はなぜ生まれてきたのか。
なぜ死ぬのに生まれるのか。
なぜ生き続けなければいけないのか。
なぜ、なぜ、なぜ…。

果てしないギモンの満ち引き。
それが人生なのです。

そう、禅僧は話していました。


本のわりと最初のほうで出て来た言葉で
すっごくショッキングな話がありました。

玄侑氏の言葉。
「子供のころは誰でも、死に対して恐怖感を持っている」

えっ? そうなんですか?
私も本当にそうで、すっっっっっっっっごく怖がっていました。
誰でもなんですか?
なぜ? 死を知らないのに、なぜコワイんですか?

私は自分がいなくなる世界に対しての恐怖。
行き詰まるような真っ暗な世界を想像して
それに対しての恐怖。

自我が叫んでいるのでしょうか?

これは、あるヨガの先生とも話したことのある話題です。
でも、そんなにみんなが考えることなんですね。

ヨガをして、自我を脱ぎ捨てていくと
この死への恐怖は収まるんですよね?

だって求める行き着く先は「死の超越」だと
『ウパニシャッド』に書いてあるし。
そのあたりはYoginiの連載で突っ込んでいきますが。

とにかく、でも、なぜ子供のころに?
それが私は知りたいのです。
どなたか、答えを持っていませんか?
Yogini編集部もヨガフェスタに出展!
[2009/09/03]
みなさん、こんにちは。
9月に入って、ぐっと秋らしくなってきましたね。
編集部アシスタントのレイです。
秋は一年の中でも一番好きな季節☆

さてさて、9月には皆さんお待ちかね、ヨガのビックイベントがありますよね。
そう、ヨガフェスタ
もうチケットは手に入れましたか?

人気の講座はどんどん予約が埋まってきているみたいですね。
去年、ヨガフェスタに来ていただいた方はご存知だと思いますが
Yogini編集部もブースを出してフェスタに参加していました!
そして、今年もやります! 参加します。

いつものように最新の『Yogini』を販売!!
編集部のスタッフが直接売っちゃいますよ。
「いつも読んでます」とか「がんばってください」とか
声をかけて下さる方もいて、とても励みになったりします。

昨年末から、『Yogini』編集部のあるロータスエイトでは
オーガニックカフェ・ハスハチキッチンを運営しています。
なので、ヨガフェスタでも雑誌だけでなく、おにぎりやマフィン、
コーヒーなどといった軽食も提供する予定。
ぜひぜひ、のぞいてみて下さいね。


こちら、チラ見せしたのは、今ハスハチキッチンで大人気のマフィンです。
スタッフも焼き上がりを待ちわびている、リピート率の高い一品。
ぜひヨガフェスタで味わってみて下さい♪

今年のヨガフェスタでは、フェスタ初の試み「ファッションショー」が
開催されるのも、見逃せませんね。
ヨガをしにくるもよし、ショップを見に来るもよし、
ファッションショーをのぞきに来るもよし。
楽しみいっぱいの3日間になりそうですね☆
今年もやってます!高野山カフェ
[2009/09/02]
皆さん、こんにちは。
9月19日発売のYoginiの編集作業がおおづめだったり
9月20・21・22日のヨガフェスタの準備もあったりで
ばたばたとした日が続いています。

もう夏も終わったんだな、と思うくらい肌寒い日が続いたり
突然真夏のような日差しが照りつけたりという感じですが
皆さん、体調など崩されていないでしょうか。

さてさて、突然ですが、世界遺産でもある高野山に皆さん行ったことはありますか?
高野山は真言宗の総本山として知られている、とても神聖な場所。
滞在しているだけで、心がクリアになるような感じなのです。

そんな高野山を都心にいながら、気軽に体験できるカフェが
期間限定でOPENしています。その名も「高野山カフェ」。



精進料理を味わうもよし


阿字観瞑想を体験するもよし


ギャラリーを楽しむもよし

いろいろな楽しみがいっぱいの高野山カフェ。
9月1日〜6日の期間限定です。お見逃しなく!!
詳細や営業時間はコチラ
クラスで習ったマントラCD
[2009/09/01]
マントラのクラスでは、必ず数曲のマントラが出てきます。
そのマントラをトウドウ先生自らが吹き込んだ
CD集ができました!

クラスに出ていた方はもちろん、
マントラ好きな方、すべての方にオススメです。

しかもボーナストラックつき!
ただ今、先生のサイトで売り出し中です。

試聴もできるので、一度のぞいてみてください!
こちらからどうぞ。
エコでハッピーなヨガイベントのお知らせ
[2009/09/01]



NO HAPPINESS, NO ECO.
「ハッピーじゃなければエコじゃない」。
なんて素敵なスローガン☆
エコを知らなった昔よりも、明るく陽気に前向きに。
そんな心地よいスタンスを教えてくれる
港区エコプラザで、ヨガを満喫してみませんか?

お隣では、
生産者さんから直接旬のお野菜を購入できる「アースデイマーケット」も。
ヨガを楽しんだ後は、おいしいお野菜をお手頃価格でゲット。
その場で食べられる美味なオーガニックフードも!

詳細はコチラをチェック!