ヨガ用語大辞典
検索
ヒッピー [ひっぴー]
-- 説明 --
社会の既成の制度や風俗などを否定して、自然に返ることを唱える若者集団。\'60年代にアメリカで生まれ、各地で流行した
ヒンドゥー [ひんどぅー]
-- 説明 --
ヒンドゥー語。北・中部インドで使われている言語。17個もの公用語を持つインドで、最も話者人口の多い言語
ビージャマントラ [びーじゃんまんとら]
-- 説明 --
種子マントラ。短い音節のマントラ
ビートルズ [びーとるず]
-- 説明 --
1962〜1970。神秘的なヨガの世界にひかれてビートルズのメンバーがインドに渡り、ヨガの聖地リシケシを訪れていることは、インド旅行者の間でも有名な話
ビクラムヨガ [びくらむよが]
-- 説明 --
現在ロスに本部を置く、ビクラム・チョードリー氏が考案したヨガ。少し高い室温の中でハードな運動量をこなすため、高い新陳代謝促進。肉体強化効果を得ることができる
ビンドゥー [びんどぅー]
-- 説明 --
宇宙の種子の象徴。シヴァ神に描かれている第3の目
平山ユージ [ひらやまゆーじ]
-- 説明 --
世界トップクラスのプロフリークライマー。呼吸法にヨガを取り入れていることでも有名