ヨガ用語大辞典
検索
ハーブ [はーぶ]
-- 説明 --
香辛料として用いたり、民間療法に利用したりする香草・薬草
ハタヨガ [はたよが]
-- 説明 --
(ハ=ha)=太陽、吸う息(吐く息とする説もあり)、凝縮。タ(ta)=月、吐く息(吸う息とする説もあり)、拡大。「ハタ」は太陽と月、呼吸、陰と陽が一つに結ばれたものという意味。精神に重点をおいた他のヨガに比べて、体や呼吸を使って潜在的なエネルギーを引き出すことを目的としている。ポーズを行うヨガ全体を指す
ハリウッドヨガ [はりうっどよが]
-- 説明 --
美を追求するトレーニング法として、フィットネスクラブ「TIPNESS」が考案したヨガ。音楽に合わせてテンポよく動く。エアロビクスにヨガの要素をプラスしたスタイル
ハワイアンヨガ [はわいあんよが]
-- 説明 --
アロハミュージックをBGMに行うヨガ
バガバッド・ギーター [ばがばっど・ぎーたー]
-- 説明 --
インドの叙事詩『マハーバーラタ』の中で、御者に化けたクリシュナがインドのアリジュナ王子に、戦の采配を通して真理を説く章のこと。このクリシュナアリジュナ王子のやり取りが、ヨガの思想につながるため、『ヨーガスートラ』に続くヨガの聖典と言われている
バクティ [ばくてぃ]
-- 説明 --
神への献身的な帰依、信仰、崇拝
バクティヨガ [ばくてぃよが]
-- 説明 --
人格神や聖者を愛し、高い理想を持つことで我欲を捨て去ることを目的とした「信仰」のヨガ。祈りが中心
バンダ [ばんだ]
-- 説明 --
ハタヨガの技法の一つ。ノド、腹部、会陰部(肛門)の3カ所をさまざまに引き締める