ヨガ用語大辞典
検索
ウジャーイ/ウジャイー [うじゃーい/うじゃいー]
-- 説明 --
勝利の呼吸法。重要なプラーナーヤーマの一つ
ウダーナ [うだーな]
-- 説明 --
五つの気の一つ。鼻、口から頭頂にかけて働いている気
ウディヤーナ/ウディヤナバンダ [うでぃやーな/うでぃやなばんだ]
-- 説明 --
ハタヨガの技法の一つ。腹部を引き締めること
ウパーンシュ [うぱーんしゅ]
-- 説明 --
マントラの唱え方の一つで、つぶやくようにして唱えること
ウパニシャッド [うぱにしゃっど]
-- 説明 --
古代インドの哲学の奥義書。1冊の書物の名前でなく、数百年にわたり編幕され、現在までにさまざまなウパニシャッドが残っている。中でも、ヨガの歴史を語る上では『カタ・ウパニシャッド』が重要
ヴァータ [う゛ぁーた]
-- 説明 --
1=風。2=アーユルヴェーダの三つの体質の一つ
ヴァーマ [う゛ぁーゆ]
-- 説明 --
五つの気の一つ。他の四つのプラーナを助ける働きをする気
ヴァイカリー [う゛ぁいかりー]
-- 説明 --
三つあるマントラの唱え方の一つで、声を出してマントラを唱えること
ヴァイラーギャ [う゛ぁいらーぎゃ]
-- 説明 --
サンスクリット語で「離欲」
ヴィーリャ [う゛ぃーりゃ]
-- 説明 --
努力。活力
ヴィシュダ/ヴィシュッダ・チャクラ [う゛ぃしゅだ/う゛ぃしゅだ・ちゃくら]
-- 説明 --
七つのチャクラの一つ。第5チャクラ。咽喉部に位置し、自己表現やコミュニケーションを円滑にし、クリエイティブな能力の表現を助ける
ヴィシュヌ [う゛ぃしゅぬ]
-- 説明 --
ヒンドゥー教の三大神の一人。世界を維持する神
ヴィディヤー [う゛ぃでぃやー]
-- 説明 --
智慧。知識
ヴィブーティ [う゛ぃぶーてぃ]
-- 説明 --
サンスクリット語で「超能力。超自然力」
ヴィヤーナ [う゛ぃやーな]
-- 説明 --
五つの気の一つ。全身に働いているプラーナ
ヴィンヤーサ/ビンヤサ [う゛ぃんやーさ/びんやさ]
-- 説明 --
呼吸と動きを同調させること
ヴィンヤーナ [う゛ぃんやーな]
-- 説明 --
五つの気の一つ。手足を含めて全身に働いている気
ヴェーダ [う゛ぇーだ]
-- 説明 --
(1)知識。(2)紀元前1000年から紀元前500年ごろにかけて、インドで編纂された一連の宗教文書の総称